カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS




ご挨拶(SHINとは?)



 初めまして。SHIN代表兼職人の加來 信二郎(かく しんじろう)と申します。
私は以前に革製品メーカーに職人として約7年在籍しておりました。
その経験を生かし、自らが納得できるものだけを制作し、販売しております。
以下、レザーブランド【SHIN】のコンセプトについてお話しします。

愛着を持って長く、ずっと使えるものを。
薄くて軽い商品はSHINのラインナップにはありません。

「耐久性」「重厚感」を重視

 耐久性を重視しますと、やはり革の「厚み」が重要になってきます。
長く使っていれば必ず糸のほつれ等が出てきますが、それは修理すれば直ります。
(どんな状態でも修理致します!お任せ下さい!)
※SHINの商品以外の修理は受け付けておりません

革が薄いとスマートに持つ事ができますが、摩耗により破れたりした場合にはなかなか厄介です。
例えば「ヘリ返し」と呼ばれる製法。見た目はキレイで、技術的にも熟練の技が必要です。

ヘリ返し

表革本体の革の端っこを薄くして内側に巻き込むのですが、革は薄いと摩耗等により割と簡単に破れます。糸のほつれは縫い直せば済みますが、表本体が破れた場合には交換が利かないため元通りに戻すことは困難になります。
一生ものだと思って買っても数年で破れてしまっては…

「革ではない素材を薄い革で包んだもの」or「革のみで作られたもの」
 革製品には大きく分けて2種類に分けられると思います。
ひとつは所謂「紳士物」というか、百貨店等で売っているもの。
もうひとつはバイク乗りの方たちが使ったりする、厚い革を使った頑丈でゴツいもの。
所謂「レザークラフト」というイメージです。

この2つの違いは何か。
「紳士物」は主にビジネスシーンに向けて作られているのでやはり「薄く」「軽く」できています。スーツの内ポケットに入れても不格好にならない等、スマートに使えます。
しかし薄い革だけで作るとフニャフニャですから、「紳士物」の財布の中には色々な「芯材」が入っています。「ボール紙」だったり「革の粉を固めたもの」だったり。
例えば財布の「外装」を見てみますと、紳士物は「薄い革」「芯材」「内装の布or薄い革」の三層構造になっております。
「レザークラフト」の場合は「革のみ」です。
ですから革の厚みが必要です。

SHINの商品は「レザークラフト」の技術で作っています。
 それをオンオフ両面で使えるような、落ち着いたデザインを採用して制作しています。
バイカーものほど分厚くなく、かつ耐久性を確保した適度な厚みの革で作っております。
当然、「薄くて軽く」はないのですが、所有欲を満たす「重厚感」があります。

革を厳選する
 コストを抑えて出来るだけ安価に提供することはできません。
大きなメーカーですとそれでも薄利多売でやっていけますが、SHINのような小さなメーカーはそれではやっていけません。(大量生産できませんので…)
だったらとことん良い革を使ってひとつひとつ丁寧に作ってその価値をわかって頂けるお客様だけに使って頂こうと思っております。
ですから「高いな」と思われることもあるかもしれませんが、その分長くご愛用できますし、買っては捨て買っては捨てを繰り返すよりは結果的には安く済みます。
(ラインナップの中にはやや採算を度外視したものもありますが、それはまずはSHINの商品を手に取っていただけるような入口の役目を与えているためです)

主にヨーロッパの革を使用しております。革のメッカといえばやはり「イタリア」になりますのでイタリアの革が中心でアメリカ、ドイツ、もちろん日本の革も使っています。

金具にもこだわっておりまして、主に「真鍮」素材を使っております。
真鍮は金属といえども革と同じく経年変化していくので革との相性が良いためです。


80年以上前の「足踏みミシン」で縫製
1931年製SINGER足踏みミシン(アメリカ製)で一針一針縫っています。
人によっては「だから何?」ということですが、このミシンは糸の締まりが良く財布からバッグまで作ることができる優れものなのです。しかも作りがシンプルで壊れにくい。
ただ、そんなことよりもどちらかと言えば「ロマン」があります。
一言で「ハンドメイド」とは言っても流れ作業、分業で電動ミシンで「ダーっと」作るのと、革の裁断から始まって足踏みミシンでカタカタ縫って仕上げまで一人で行うというのは明らかに違うと思います。


以上、長くなりましたがSHINのコンセプトはお分かり頂けたと思います。
革製品というのは長く使おうと思って手に入れるものです。
毎日使い、時には修理しつつ長くご愛用頂き、SHINの革製品を人生の「相棒」にして頂ければ幸いです。

                               
SHIN 加來 信二郎




追伸:何かご不明な点、革についてのご質問などありましたらメール、お電話にてお気軽にお問い合わせください。(作業中等、電話に出られない場合もありますが、お手数ですがそのときは時間をずらして電話してください。)


店長紹介


加來 信二郎(かく しんじろう)
【経歴】
1975年生まれ千葉出身。
オートバイ販売の会社に6年勤務後、手に職を持つべく大手皮革製品販売会社に職人として約7年半在籍。
2011年、埼玉県川口市にて独立して【SHIN】を立ち上げる。
2児の父。

ご購入後、長くご愛用頂けるようひとつひとつ責任を持って制作しております。修理が必要になった場合はお任せください。メンテナンスの仕方など、ご質問などあればお気軽にメール、お電話してください。(作業中など、電話に出られない場合もあります)

革製品は毎日少しずつ艶が増し、手に馴染んでくるので「育てる」楽しみがあります。
「持っているだけで毎日が少し楽しくなる革製品」を提供するのがモットーです。

以下、自己紹介です。

性格:温厚。興味のあるものは深く追求し、興味の無い事に関しては無知。
血液型:B
苦手なもの:地理 (かなりの方向音痴というか病的な方向音痴。道が憶えられません…)


【好きなもの】革、アメカジ、フライトジャケット、レザーマン、映画、居酒屋、コーヒー、バーボン(ハイボール)
以前は毎晩ビールを飲んでいましたが、最近は毎晩ハイボールを飲んでいます。理由はハイボールは太らないからです。
あの「ライ◯ップ」でもハイボールは飲んでいいそうです。(糖質が少ないとか、、、)


【好きなブランド】FILSON(アメリカのアウトドア衣料メーカー)
赤黒のバッファローチェックに弱いというのはアメカジ好きの宿命でしょうか、、、

【好きな食べ物】地鶏(硬い薩摩地鶏)、ニラレバ炒め
地鶏は普通の鶏と何が違うのか?それは硬いのです。
薩摩地鶏とか本当に硬いです。何でもかんでも柔らかければ良いという風潮がありますが、「歯ごたえ」は重要です。

【好きな映画】「ロボコップ」「ノッキン オン ヘブンズドア」「フロムダスクティルドーン」「男たちの挽歌」「レオン(完全版)」「男はつらいよ」「激安ジゴロ」「マトリックス」
ロボコップは中学生の時に映画館で観てトラウマになりかけましたが、大好きです。可愛いのに恐ろしいED-209が好きです。

【好きな俳優】ウェズリー スナイプス、ヴィゴ モーテンセン、マーク ウォルバーグライアン ゴズリング、シルベスター スタローン
こうして見ると全員強そうです。「強い男」への憧れがあるのでしょうか。
中学生の頃は筋肉アクション映画大好きでした。あ、今でも好きでした。

【好きな映画監督】ポール バーホーベン、ロバート ロドリゲス、ジョン ウー

【好きな作家】夢枕獏、筒井康隆、フィリップ K ディック、スティーブン キング、スティーブン ハンター
筒井康隆先生の「朝のガスパール」お薦めです。
妻に勧めて読ませたところ、「何が面白いのか分からない」と言われました。


追伸:この自己紹介欄は気が向いたら書き加えていきます。






メディア掲載情報

2017年4月27日発売
『LS&D vol.2』ワールドフォトプレス社
ウォレット新調特集


2016年8月14日/日本テレビ『鉄腕ダッシュ』

縫製中の写真掲載


『ミリタリーワールド』コスミック出版

(フライトウォレットpremium)
広告欄

CLUTCH vol.21』/エイ出版

(フライトウォレットtypeA-2)

イギリスの写真家 ニック・クレメンツ氏の愛用品として


『革の力 no.4 』ワールドフォトプレス

M2000 Field Cargo Bag)
 
SHINブランド紹介と共に

CUSTOM Burning 2013/9月号』造形社

(フライトウォレット、Dウォレット等)

レザー特集


『世田谷ベース』ネコパブリッシング

(フライトウォレットTypeA-2)
広告欄

RIDE FREE ~ ON THE ROAD MAGAZINE別冊 』

Dウォレット&ウォレットチェーン)
インフォメーション欄


お支払いについて

当店では、クレジットカード決済、代引き、コンビニ決済、銀行振込,
Yahoo!ウォレットの いずれかのお支払い方法をお選びいただけます。

※代引き手数料、コンビニ決済の場合は一律315円貰い受けます。また、振込手数料はお客様負担となりますのであらかじめご了承ください。

送料について

送料は一律600円となっております。(離島以外) 10000円以上お買い上げのかたは送料無料とさせていただきます。

返品、交換について

商品が届きましたら、使い始める前に商品をご確認ください。

万が一不良品などございましたら7日以内にメールにてご連絡ください。
 良品と交換いたします。送料は当店で負担いたします。
 使用後の返品は受ける事が出来ませんのでご了承ください。

※ 天然皮革、特に素上げの革を使用しているため多少のシミ、傷等はございますので、あらかじめご了承ください。

在庫切れについて

SHINでは1日にわずかな量しか生産できないため、在庫切れが発生する場合がございます。
特別な事情(革が入手できないなど)が無ければ再入荷しますので、ご予約お願いいたします。
納期等、早急に知りたい場合はメールにてお気軽にお問い合わせください。
また、受注生産の商品に関しては在庫ありとなっていても納期は2週間〜4週間です。(受注状況により前後します)

※最近、生産が追いついていないため、在庫切れの商品の入荷が遅れております。ご購入しようと思った商品が在庫切れの場合メール、お電話にてお問い合わせいただければすぐに生産できる場合もありますのでお気軽にお問い合わせください。

納期について

在庫ありの商品に関しては注文をいただいてから3営業日以内の発送となります。
在庫が無い場合でも注文をいただければ特別な事情(材料が手に入らなくなった等)が無ければ2週間〜4週間程度でご用意できます。
お急ぎの方はお気軽にメール、電話でお問い合わせください。

TV出演!?

ハンドメイドの革製品を製造販売しております

SHIN代表兼職人の加來(かく)です。


日本テレビで8月14日放送の『鉄腕!!ダッシュ』
に僕がミシンでバッグを縫っている写真が出ました。

番組をご覧になった方も多いと思いますが、
「古い足踏みミシンをレストアして復活させる」
という企画です。

足踏みミシンといってもSHINで使っているような工業用ミシンではなく、
おそらく家庭用の木のテーブルに収納できる布用のものです。

番組ではブラザーのミシンでしたが、数年前までそのようなミシンを僕も持っていたのです。
近所のリサイクルショップで衝動買いしました。
置く場所に困ってミシン屋さんに引き取ってもらったんですが、
あれを持ってれば今回の企画に関われたのでは、、、と思ったり。
(そうです、今回の企画自体には関わっておりません!)

番組スタッフの方から足踏みミシンについての問い合わせを何度か受けておりまして、
現在も足踏みミシンが使われているというイメージ写真が欲しいとのことでした。

ということで急遽撮影して写真を送ったというわけです。
服装とか髪型とかもうちょっと職人らしさをだせば良かったのに…と周りから言われました。
ですよね〜、でも急ぎだったんで…



これが、マイミシン。

1931年 アメリカ/ニュージャージー州のエリザベス工場
で製造。
※シリアル番号でここまでわかりました。

SHINの商品は全て、この80年以上の歴史が注入されております。


最近テレビはあまり観ないのですが、鉄腕ダッシュだけは家族みんなが好きな番組なのでよく観ています。
ですので、記念になったな〜なんて喜んでおります。

ちなみに、番組を観ていた娘のお友達(6才)が
「なんか○○ちゃんのパパにそっくりな人が出てる〜」
と気付いてくれたそうです^^


ページトップへ